包茎手術の内容 - 包茎手術後のケア・注意ポイントとは?

包茎手術後のケア・注意ポイントとは?

包茎手術の内容

男性にとって下半身の悩みは大きなコンプレックスとなり何とか解消したいと考えるものですが、その中には包茎手術を検討している人もいるのではないでしょうか?
包茎はペニスの成長を妨げるだけでなく、常に皮を被っている状態なので衛生面でも悪い影響があると言われています。
また包茎であることによって異性に対して消極的になったり、銭湯や温泉で堂々と裸になれない人もいるようです。

そんな包茎を改善させるには包茎手術がもっとも手っ取り早い手段ですし、確実性を考えても一番おすすめできるでしょう。
しかし包茎手術はほとんどの人が人生に1回しか経験しないと思いますので、どんな内容なのか不安を感じているはずです。
たまに包茎手術が失敗した話題などを見かけるととても不安になりますし、せっかく決断してもやっぱりやめておこう…という気持ちになるでしょう。

ただ現在の包茎手術はとても準備をしっかりしていますし、安全性・確実性ともに万全の状態にしてから行うので失敗のリスクは限りなく低くなっています。
少し具体的な内容を話すと包茎手術にはペニスに被った皮を切り取る方法と巻いて縫う方法があり、これは包茎の状態によって選択が変わってきます。
どの手術方法がもっともいいのかは主治医と相談して決めますし、手術時にも麻酔をして行うので痛みもありません。
術後の腫れはあるので一定期間性行為は難しいですが、医師の許可が出ればその後の生活も普段通りできますし性行為も問題なくできます。

安心感を持って臨みたいなら有名なクリニックがおすすめなので、インターネット等で調べてみてください。